社宅ありの看護師求人って少ない?

寮ではなく社宅

nxjnchjjbdsf
 

単身者向けの寮を用意している病院は多くても、
なかなか家族向けの社宅を用意しているという病院は
少ないという印象がありますよね。

女性が多い看護師という職業の場合、
結婚するまでは病院の独身寮に入寮し、
結婚すると旦那さんと住居を構えて暮らす。

 

という生活スタイルをとっている人も多くいます。
看護師である妻を中心として社宅で暮らしたい。

という人がもともと少ない職業だったということも
その原因になっているようです。

 

医師向けの社宅はあっても、
看護師向けの社宅はない
というような病院も
実際にありますよね。

しかし、男性看護師の存在も増えてきて、
家族の拠点として社宅を利用したいという声も
徐々に多くなってきています。

 

病院によっては2LDK程度の家族向けの寮や
社宅を用意しているというケースも出てきています。

 

借り上げ社宅を用意しているケースも

 

病院自体ではとくに社宅は用意していないものの、
アパートやマンションを借り上げて社宅とする
借り上げ社宅を用意しているケースもあります。

 

借り上げ社宅を用意する場合には

・すでに病院側が借り上げているアパートなどを提供する
・利用者が希望物件を選び、病院が契約をして借り上げる

とだいたい二つの方法で借り上げ社宅を用意します。

 

病院で用意している社宅とは異なりますが、
メンテナンス費用や維持費などが掛からないために、
このようなケースで社宅を用意する病院は増えています。

 

家賃補助が手厚いケースも

qiuwhejf
 

社宅というものは特に用意していないものの、
家族で済むためにアパートやマンションを借りた場合、
家賃補助を手厚くしてくれる病院もあります。

このような制度の場合、だいたい半額~7割程度の
家賃補助をしてくれるケースが多くなりますので、
社宅を用意してもらうよりも良い物件に住むことができる。

 

というケースも実は多くなります。

自分以外の家族の利便性などを考えると、
社宅に入居するよりは、家賃補助の方が良い。
と考えている看護師さんも多くいます。

 

ただ、自分で戸建てやマンションなどを購入した場合
この家賃補助は受けることが出来ません。

やや不公平感があると感じている人もいるようです。

 

社宅にこだわる必要はある?

 

今はまだ看護師向けの社宅があるという病院は
決して多いわけではありませんが、
何が何でも社宅にこだわる必要はありません。

社宅でない方がいいケースもたくさんありますので、
社宅にこだわる必要はないのではないでしょうか。

 

それでも社宅にこだわって求人を探したい。
ということでしたら、転職支援サイトなどを通じて
社宅ありの求人を探してもらう。

ということをすると探しやすくなりますよ。

 

勤務先では社宅が無くても
さまざまな方法で住居費を抑える仕組みをとっている
というところもたくさんありますよ。