社宅や寮のある病院が減少している

uienfsefs

実は、社宅や寮を資産として所有している病院というのは、
少なくなってきているんです。

社宅や寮は、福利厚生の一環として勤務先が所有しているものでした。

 

少し前までは、様々な企業が社宅や寮を所有し、
従業員に対して低価格で提供していたものです。

ですが、景気が悪くなり、
企業自体が資産として社宅や寮を所有するということが、
難しくなっているんですね。

 

病院も同じく、社宅や寮を所有し、
看護師たちに低価格で提供するということが難しくなり、
社宅や寮を手放してしまう病院も多くなってきているんです。

この流れは今後も止まらず、病院が資産として
社宅や寮を所有していることは少なくなっていきます。

 

ですが、あくまでも資産として所有している社宅や寮が
減っていくだけであって、
社宅や寮自体が減っていくわけではないので、安心してくださいね!

病院の所有であるという形ではない社宅や寮が今も多くありますし、
今後さらに増えていくと予想されています。

 

今後増えていくと言われている社宅や寮は、
どんなものなのでしょう。
それは、「借り上げ社宅・寮」なんですね。