家賃補助を行っている病院もあります

iuwerkjfd

社宅は用意していないけれど、
家族で住むアパート・マンションを借りた場合に、
家賃補助を行うという病院もあります。

このような場合では、大体が6,7割程度の補助を行ってくれます

 

そのため、社宅を用意してもらうより、
良い物件に住めるということも多いんですね。

ですが、一戸建てやマンションの購入などといったことであれば、
この家賃補助は行ってもらうことが出来ず、
不満を持っている看護師も多く居ます。

 

家族の利便性などを考えると、社宅で一緒に暮らすよりも、
家賃補助を受けて好きなマンションに住む方が良い
と考える看護師も多いんですよ。

看護師向けの社宅のある病院が少ないということを考えてみても、
絶対に社宅がいい!とこだわる必要はないかと思います。

 

社宅で暮らさない方が良い場合もありますので、
よく考えてみることも大切です。

社宅は無くても、
他の方法で住居費を抑える制度を設けている病院は、多くありますよ。

 

ですが、どうしても社宅がいいということであれば、
看護師専門の転職サイトなどを利用することがお薦めです。

転職サイトで、社宅ありの条件をつけて求人を探してもらうことが出来ますし、
探しやすくなります。